17 12月 by

腰痛対策ができるマットレス3選

睡眠時にぐっすりと眠ることができるのは、腰痛を少しでも和らげることができるマットレスです。

腰の筋肉への負担を減らせると、腰痛は緩和します。

体の疲れを取り、腰の痛みを回復させるためにも、マットレス選びは重要です。

腰痛の方におすすめのマットレスの選び方

腰痛の方には、硬すぎるマットレスは向いていません。

腰の部分の背骨に負担が掛かってしまうからです。

低反発マットレスは、背骨に掛かる負担をマットレスが支えてくれます。

しかし、柔らかすぎるため、寝返りした時に腰に負担が掛かります。

そこでおすすめなのが、高反発マットレスです。

体をしっかり支えることができるので、寝返りしやすくなり、ぐっすりと眠ることができます。

2層以上の複数構造になっているマットレスは、腰に負担が集中することなく体圧分散に適しています。

三つ折りマットレスは収納や持ち運びに便利ですが、折り目のくぼみ部分が腰痛を悪化させることが考えられるので注意が必要です。

腰への負担を分散してくれる雲のやすらぎ・プレミアム

雲のやすらぎプレミアムは、寝ている間の体圧を分散させることができます。

背骨と腰の筋肉に負担が掛かりにくく、良い状態に保つことで腰が軽く感じられます。

雲のやすらぎプレミアムは名前の通り、雲の上で寝ているようなイメージの中でぐっすりと眠ることができます。

以前の雲のやすらぎよりも、体圧分散の効果が大きくなっています。

厚みが17cmあり、5層構造で作られています。

5層の素材はそれぞれ機能が異なり、重ね合わせることで、より効果を発揮します。

寝ているだけで体圧分散が調節され、腰への負担が軽減されます。

腰の痛みが少なくなるので、寝返り時の不安も解消され、深い眠りが期待できます。

マットレスは、リバーシブルになっています。

暖かく眠れる秋冬面と、涼しく眠れる春夏面があります。

さらに、季節によって裏返して使うので、両面を均等に使って長持ちさせることができます。

床に敷いたり、ベッドに敷いたりと好みの場所で使えて便利です。

3種類の硬さから選べる高反発マットレスモットン

モットンのマットレスは、体型に合わせて最適な硬さを選ぶことができます。

45kg以下の方におすすめのソフト、46kg~80㎏の方におすすめのレギュラー、81㎏以上の方におすすめのハードの3種類です。

体重が重くなるほどマットレスが沈みやすくなります。

そのため、軽い方は柔らかいマットレス、重い方は硬めのマットレスが向いています。

モットンのマットレスは、適度な反発力を持っているため、沈み込みが気にならず寝返りしやすくなっています。

硬すぎず、柔らかすぎないので体圧分散のバランスが取れています。

腰をしっかりと支えてくれるので、腰痛の方も腰への負担が軽く感じられます。

朝起きた時に実感することができ、快適な一日を始められます。

特殊立体波形凹凸構造の西川エアー

特殊立体波形凹凸構造によって、体圧分散が可能になり、腰への負担が減らせます。

三層構造になっている中間層のウレタンの硬さを変えています。

ベース部分で全身をしっかりと支えることができるので、圧迫感が解消されます。

寝返りがスムーズにができるため、睡眠時はリラックスしています。

ウレタンは通気性が良く、寝ている間の湿気や汗も拡散します。

腰痛や汗など不快感がありません。

寝心地の良さが魅力で、ぐっすりと眠って気持ち良く目覚めるので、疲れも取れます。

まとめ

腰痛は、マットレスによって緩和され、悩みを解消することができます。

それぞれ異なる特徴のあるマットレスが色々売っています。

自分に合ったマットレスを見つけることで、腰痛が気にならず快適な睡眠が実現します。

By