腰痛に効果的なマットレス選びは、4つを参考に

10 12月 by

腰痛に効果的なマットレス選びは、4つを参考に

睡眠は、人間にとって必要な時間で人生の3分の1を布団やベッドで過ごします。

しかし、「年齢や姿勢」、「体力の低下」から「腰痛」を発し寝るのも苦労するケースがあるはずです。

少しでも体に良く、腰に負担がかからない「マットレス」を選ぶ事で改善されます。

選び方としては、ポイントがあり1番は硬さになります。

腰が痛い人は、寝具を見直そう

人間の体は、頭、上半身、下半身から形成されています。

歩いたり走ったりする指令は、頭から送られますが、動かす中心は「腰」です。

スポーツでは、練習の基本として腰を中心にした強化も多くあります。

腰がなければ、歩けないし上半身にも影響が出てきます。

そんな部位を痛めたりすると、生活に支障が出て大変です。

持病として「腰痛」が慢性化している人は、「治療」か「自分で軽減する」しかありません。

まず、痛みを常に感じている人は、病院で診察をしてもらい早期治療が望ましいです。

中には、「ヘルニア」など、手術が必要な大きな痛みもあるはずです。

放置して悪化する前に、早めに治す事が大事になります。

また、痛みによっては自分で軽減したり治す方法もあります。

ベッドなどの寝具を腰に負荷がかからないモノを選ぶ事で改善が可能です。

選び方が分からない人は、寝具販売店などで店員に聞いてみると良いです。

効果が期待できる商品を教えてくれるなど、助かります。

寝具選びは、将来的に必要

現在、腰に痛みを抱えている人は、「4人に1人」と言われています。

40代で全く痛みがない人も、60代になると発症する可能性はあるはずです。

腰が痛いと、自然と前かがみになり腰が曲がる人もいます。

こうなる前に、早めの予防や対策を行う事が大事です。

人間は、夜になると寝ますが、深い睡眠を得るにはやっぱり寝具はポイントになります。

腰が痛くても、寝具が心地よければ軽減されたり感じないはずです。

近年、寝具メーカーでは、腰の痛みを意識した商品を販売しています。

働き盛りの30代、40代の人が使用して、効果を実感しているケースも見られます。

値段が高くても腰にいい影響があれば、商品を購入しても損はしません。

寝具選びは、老後に向けて大事なポイントです。

ベッドは、腰の痛みを軽くする

通常人は、「ベッド」か「布団」を使用して寝るのが普通です。

数十年前は、布団が主流の時代もありましたが、現在は、ベッドを使用する人が多くなっている日本です。

理由に、「片づける必要がない」「カッコ良い」「部屋にマッチしている」などがあります。

また、ベッドは、腰の痛みを和らげてくれる特徴もあります。

しかし布団の場合、畳やカーペットに近いため腰が痛い人は、さらに痛さを感じる事が多いです。

長く使用してきた布団だと、せんべいのように薄くなり寝心地も良くないはずです。

その点、ベッドは、敷布団にあたる部分は厚く柔らかくなります。

腰が痛い人にとって、弾力のある敷布団は腰に負担がかかり難いです。

よって、布団よりベッドの方が体にやさしく痛みを抑えてくれるメリットが見られます。

ベッドの硬さは、中ぐらいがベスト

寝る時、誰でも寝心地が良く安定している寝具を使用したいものです。

腰が痛い人は、ベッドでおすすめのマットレスとして「中ぐらいの硬さを選ぶと良いです。

しかし、いざ理想の硬さといっても素人的には、分かり難いと言えます。

ベッドを購入する時は、まず専門店へ足を運んでみましょう。

専門店には、種類も多く気に入る商品が見つかりやすくなります。

そして、腰が痛い人は、店員に言ってベッドで寝ころばせてもらうと良いです。

「寝心地の良さ」「腰への負担」などを体感すれば、ベッドの寝心地が分かります。

ベッドの硬さを実感して、「硬すぎず柔らかすぎず」を自分で実感して選ぶようにします。

中ぐらいの硬さを理想と意識して、ベッド選びをしてみましょう。

まとめ

腰痛は、抱えている人にとってつらく痛い悩みです。

少しでも軽減できる方法として、マットレスを良い商品に変えてみましょう。

理想の硬さに合えれば、毎朝スッキリ起きる事が可能です。

腰の痛みは、寝具選びを見直してみましょう。

By