産後ママの腰痛対策!睡眠の質を高めるマットレスの重要性

3 12月 by

産後ママの腰痛対策!睡眠の質を高めるマットレスの重要性

産後の育児中に腰痛に悩まされるママは意外と多いです。

慣れない育児で睡眠時間も削られますから、睡眠の質が落ちて体も回復しにくくなります。

そんな産後ママの腰痛の原因と、マットレスの重要性について紹介しましょう。

産後ママが腰痛になりやすい理由

赤ちゃんは日に日に大きくなりますから、抱っこして育児するのも大変です。

腰に負担がかかりすぎて、どうしても産後は腰痛になりやすいです。

また、出産で開いた骨盤がゆっくりと元へ戻ろうとしている産後は、骨盤のゆがみも起きやすいです。

腰周りにある骨盤がゆがんでしまうと腰痛につながりやすく、下半身の血行不良にもなりなすいです。

慣れない育児で産後ママは右往左往してしまって、精神的なストレスも血行不良を引き起こし、腰周りの筋肉の回復が遅れて疲労がたまってしまいます。

自分のことはそっちのけになりますから、生活習慣の乱れも大きく影響してしまいます。

妊娠中はお腹が大きくなって腰が反り、体をあまり動かさなくなります。

産後すぐは筋肉の衰えも回復しきっていませんし反り腰など姿勢の乱れも加わって、腰に負担がかかりやすくなります。

産後ママは睡眠の質が低下しやすい

産後すぐは赤ちゃんの授乳のために、睡眠も途切れ途切れになります。

2、3時間おきに起きなくてはいけませんから、体も心も休まりにくいです。

体や筋肉、精神などが回復するのは寝ている間です。

産後ママはそんな睡眠がしっかり取りにくい状況ですから、腰周りの筋肉の回復が遅れて血行も悪くなります。

そのため、腰周辺の疲れがどんどんたまって腰痛も深刻になってしまいます。

数時間おきに起きないといけない産後だからこそ、睡眠の質にこだわるのが重要です。

マットレスを変えて良質な睡眠を取る

体を回復させるためには、睡眠の質を高めるのが一番です。

細切れにしか眠れない産後だからこそ、寝具にこだわって体に負担がかかりにくいマットレスで熟睡しましょう。

腰痛対策になるマットレスを使えば、腰への負担を減らせて良質な睡眠が得やすくなります。

その分心身共に回復しやすくなりますから、腰の痛みやストレスなども改善しやすいです。

眠れる時にぐっすり眠って体を回復させないといけませんから、体を支えるマットレスを一番に見直すのがおすすめです。

育児の疲れを癒すには高反発タイプ

腰だけでなく産後に育児には体力を使います。

下半身の疲労は相当なものですし、赤ちゃんを抱っこする腕や上半身の疲れもたまりがちです。

腰に負荷をかけずに体の痛みや、疲れをしっかりと回復させるマットレスが重要です。

色んなタイプがありますが、やはり人気の高反発タイプが産後ママには合っています。

体を下から押し返す反発力に優れていますから、負荷がかかりやすいお尻や腰への負担を減らしてくれます。

体圧分散に優れていますから、一箇所に負荷が集中するのを避けてくれます。

産後に筋肉が衰えていると、寝返りを打つのもひと苦労です。

高反発タイプなら寝返りもスムーズに打てますから、血行が妨げられず筋肉の疲労も回復しやすくなります。

育児の疲れをしっかりと癒してくれて、途切れがちな睡眠でも体の回復が早くなります。

長期間使えるマットレス選びのポイント

産後マットレスを選ぶなら、高反発タイプである程度の厚みがあるものを選びましょう。

底付き感がありませんから腰を点で支える必要がなく、熟睡しやすいです。

高品質な寝具はそれなりの価格になりますから、コスパを考えて長期間使えるタイプがおすすめです。

耐久性に優れていて通気性などの機能もしっかり見て、高品質なものを選びましょう。

まとめ

赤ちゃんを元気に育てるためにも、産後ママは健康を気にしないといけません。

体を回復させる睡眠を甘く見ないで、マットレスにこだわって腰痛対策をしていきましょう。

細切れ睡眠でも体が少しでも楽になるように、高反発タイプで自分に合ったものを選ぶのが大切です。

By